レンタル約款
 

 平成21年3月期 決算発表

 

5月13日(水)決算の内容を発表

 当社は、平成21年3月期(平成20年4月〜平成21年3月)の決算内容を5月13日(水)に、次のとおり発表いたしました。
  売上高は、15,005百万円、営業利益は196百万円、経常利益は152百万円、当期純利益については40百万円となりました。
 
                                                         
 
 
 

 

21年3月期、決算の特徴

 
1.3年連続の増収ならず
  ・ 「100年に一度」とも言われる世界同時不況に遭遇し、特に民間設備投資の落ち込みが斯業界を直撃。
    需要急減による競争激化から価格競争も熾烈に。
  ・ レンサルティング(提案営業)の実践、新規開拓による占有率アップ、新アイテムの発掘、新ジャンルに
    おけるレンタル需要開拓、また顧客ニーズに沿ったレンタル機材を充実させ営業活動に注力したものの
    増収基調には至らず。
  ・ 今期は、既往機械の通期稼働を企図し温存していたため、第4四半期に入り集中的にキャンペーンを実施、
    売上高150億円台を堅持。
   

    ▼売上高構成比
    
  
2. 「絶対有利」を掲げ、全ての面で業務改善に邁進

  ・ 経営陣を筆頭に、各担当者に至るまで全階層でのユーザー訪問を徹底し、営業活動 と取引先の状況
    把握に努め、同業他社との非価格競争力の改善を企図。
  ・ 不況による取引先の倒産が相次ぐ中、与信管理の徹底を図るべく与信限度額の見直し、取引先業況
    把握等に努めたが、貸倒れ損失額は保険による補填はあったものの、 前期比大幅増加を余儀なくされ
    ている。
  ・ このため、損益面では各段階で前期比マイナスとなっているが、自社の現有戦力を100%活用すべく、
    外注加工費、外注修繕費の徹底削減に取り組むと共に、通信費、 地代家賃、電算管理費等の原価削
    減に 一定の成果あり。
  ・ 結果として、経常段階で152百万円の黒字決算を達成。
  ・ 長期的視野に立った安定配当方針を堅持すべく、潤沢な剰余金勘定を活用し、一株あたり20円配当を
    予定。 
      〜12期連続の20円配当となる予定。

 
3.レンタル機械の新規取得を厳選
    
   ・ 厳しい経営環境に対応すべく、現有機械のメンテナンス強化を徹底。
      〜このため、新規取得額は約25億円と、前期比大幅減。
   ・ 顧客ニーズにマッチした特色ある機械も積極的に品揃え。
      〜LED表示板、AED、バイオトイレ、太陽光発電システム(サンジェネ)等
   ・ 効率的、効果的な取得に努めるべく下記方針を継続。
      〜アクティオとの共同購入によるバイイングパワーの発揮。
      〜B/S、P/L、C/Fを勘案した最適購入手法の使い分け。
 
4.バランスシートスリム化の推進
   ▼使用総資本
   
      
      注:短期借入金の期末残高はない
   ▼借入金残高推移
   
   
   ・ B/S重視の財務戦略を継続し、使用総資本回転率の悪化に歯止め。
   ・ 長期借入金の圧縮にも成果。
 
5.目標経営指標
   
   ・ 「100年に一度」の経営環境ではあるが、下記の目標経営指標を堅持する。
      @ 自己資本の充実を図り、自己資本比率 50%以上
      A 保有資産の生産性を高め、投下資本当期純利益率 2%以上
      B 経営環境の激変に対する危機管理能力を高め、手元流動性比率 4ヶ月以上
    ・ 21年3月期の経営指標に関し、自己資本比率は若干の改善傾向を示すも他の2指標は目標に及ばず。
    ・ 但し、手元流動性指標に関しては、3月に集中させたキャンペーン売上の現金化が4月以降になったこと
      に 因るものであり、実質前期並み水準を維持している。