NETIS登録商品

作業員装着警報感知システム「みはり組」

【センサーで感知、作業員と運転者双方に危険を知らせる】

重機最後部の中央に「みはりセンサー」をマグネットで取り付けます。センサーの感知距離は切替スイッチで5mと10mに切替可能ですので、取り付ける重機・車両の速度で選択します。
「オペレーター用ブザー」も運転席にマグネットで簡単に取り付けることができます。

【充電方式を採用。面倒な配線が少なく、着脱が簡単】

「みはりセンサー」は専用の小型充電器で稼働します。取り付ける重機・車両本体のバッテリを使用しないため、お手軽に使用可能です。

【ヘルメットに小型軽量センサー装着、作業を妨げない】

「ヘルメットセンサー」はゴムベルトでヘルメット後頭部に取り付け。軽量で、簡単に付け外しが可能。

【みはり組】は、重機・車両に取り付けて近赤外光を発信する発信部と、運転席に知らせる受信部をあわせ持つ「みはりセンサー」、作業員のヘルメットに取り付ける受信部「ヘルセンサー」、運転席にブザー音を鳴らす「オペレーター用ブザー」、「専用小型充電池」「専用充電器」の5点から構成されています。

カタログ