車両用保安防護体 デルタクッション

発泡ウレタンの採用で衝突時の衝撃を緩和

車両用保安防護体 デルタクッション

「デルタクッション」とは?

作業帯内に侵入もしくは侵入しようとする車両に対して緩衝体と衝突させる事によりドライバーに障害物として認識させブレーキをかけさせて停止を促します。

発砲ウレタン採用で、衝突時の衝撃を緩和しました。
また、軽量化により二人で運べる重量28kgとなり、設置や撤去も容易に行えるようになりました。
緩衝体の飛び出をし防ぎ二次災害を防止します。

仕様

デルタクッション70
緩衝体高さ70㎝×幅80㎝
シート長さ400㎝×幅80㎝
押え板長さ100㎝×幅25㎝

関連商品